アメリカ本部道場修業を振り返って

0

    アメリカから帰ってきて数日が経ちました。

     

    今回の修行の旅で得たものは、大きく分けて3つ。

     

    一つ目は、新垣師範によるサンドバッグを使用した、エネルギーを

    完全に伝える突きの指導。
    二つ目は、ロバート四段による相手が見える形の指導。
    三つ目は、ブライアン四段の身体操作を見れたこと。


    どれもアメリカの本部道場へ行ったからこそ、得られたものだと思

    っています。
    この内、上二つは身につけることができました。(また今後の練習

    で高めていくことは必要ですが)
    三つ目が身に付くかどうかはこれからの練習次第です。

     

    このブライアンの身体操作は、1年前に指導を受けたときは希望を

    感じました。
    弟子の彼が、週2度ほどしか道場に通わない彼が、これほどまでの

    身体操作を身につけることができたことに。
    プロであり、空手三昧の生活をできた新垣師範だからこそ、あれだ

    けの身体操作を身につけることができたわけではなく、アマチュア

    の彼もできるようになったってことは、それだけ指導方法に再現性

    があるわけですから。

     

    しかし今回、再びブライアンの動きを見たら、多少絶望感を感じて

    しまいました。
    自分も多少去年より、業への理解が進んでいたからでしょうか。
    彼の凄さがより見てとれてしまいました。
    彼と自分の距離感の遠さが見え。自分は本当にあそこまで行けるの

    か?と疑問を抱くほど。

     

    それほどまでに彼の身体操作の完成度は凄い。
    師範はそれでもまだまだと言いますが・・・

     

    S隊長は、「彼は自分(身体操作)の偉大さに気付いていない」と言

    って言っていましたが、彼自身は、無想会の道場以外しらないので

    、その他多くの空手道場も同じレベルだと思っているんですよね。

    面白いものです。

     


    彼の形をいくつも見せていただきましたが、特にチャンナンの形が

    凄かった。
    以前、自分はブログでチャンナンは居着くのでは?と書きましたが


    彼のチャンナンは全く居着きがなかったです。
    最初から最後まで常に落ち続け、しかもそれを完璧にコントロール

    していました


    アメリカ本部道場修業記1日目

    0

      待ちに待ったアメリカ本部道場への修行の旅。
      同じ沖縄同好会のreraさんと那覇空港で合流。
      少し心配していたアメリカ国内での乗り継ぎもスムーズに行き、無事に土曜日の午後2時頃ソルトレイクに到着。...

       

      空港では新垣師範が迎えてくださり、師範の運転でダウンタウンの町並みを走ながら無想会本部道場へ。
      少し落ち着いたあと、メキシコ料理店のホーキンパイに行き今回ホームステイするお宅のボブさんとお会いし、食事をご馳走して頂きました。
      彼は、非常に気さくでエネルギッシュな人です。

       

      その後、師範も一緒にボブさんのお家へ向かったわけですが、予想以上の豪邸。
      家というよりは、お屋敷という感じ。
      外はイルミネーションで飾られ、内装もクリスマス一色のいい雰囲気。
      個室も一人一人割り当ててもらえたわけですが、部屋の中もまた凄い。

       

      一日目は、こうして送り迎えから食事、何から何まで至れり尽くせりで終わりました。

       

       


      チェンジオブペース

      0

        12月に日本無想会の会員、数名と一緒にアメリカに行きますが、
        その目的のひとつが、本部道場黒帯のチャンナンの形を見たいというもの。

         

        というのは、チャンナンとは果たして本当に良い形なのか?
        との疑問があるからです。

         

        確かに前回のセミナーで教わったときは、平安のエッセンスが詰まったとても良い形かと思ったのですが、セミナー後に練習してみるとどうも違和感があります。

         


        この違和感を感じ始めたのは、師範のブログでナイファンチの初動の気づきが取り上げられてから。

         

        ナイファンチは最初から最後まで一定のリズムですが、

        チャンナンは、形の中に含まれている技のリズム2種類あります。
        ところどころは、ナイファンチに勝るとも劣らない速さを見せますが、それより遅い技が入り混じっているため、リズムが悪い。
        このリズムの変化に、形を行う自分自身が乱されてしまう。

         

         

        師範は、前回セミナーの時は、まだ本部道場の黒帯でも最初から最後まで最高速で行える者はいない。と言っていましたが、これが原因では?と思うわけです。

         

         

        ローハイやクーサンクーでもリズムの変化はありますが、
        これはちょうどいい塩梅に、スピードが落ち着くのでやってみて違和感がありません。
        対して、チャンナンはリズムの変動が頻繁すぎる。

         

        このリズムが悪いと感じるのが、未熟な自分の言い訳なのか、
        それとも絶対的なものなのか、それを自分の目で確かめてみたいものです。


        検証沖縄武術史 沖縄武技-空手

        0

          先日購入した、検証沖縄武術史 沖縄武技-空手(勝連盛豊著)を読んでいます。
          空手の歴史本ですが、空手に関する文献、口碑を著者のできるかぎり集めた内容です。


          この本のいいところは、それぞれの内容ごとに、細かく出典を明記しているところですね。

          空手の歴史本は数多く存在しますが、今までこのような本はありませんでした。
          これは歴史を書くなら、あってしかるべきだと思います。

           

          一つ一つの出典がわかるのは、読む側にとって大変ありがたいです。
          読んでいて、それがちゃんと根拠があって書いてあるのか、著者の考えなのか、の区別がつきますので。
          この境があいまいな本は、内容全てが信用しがたくなるものです。

           

           

          ただ、口碑を集めたといっても、乗っているは一度文書となったものだけで、著者が直接取材して集めた口碑はないです。
          著者は空手の、門外漢と言っていますので、そこには手を付けなかったのでしょう。
          しかし、逆にそこは不確かなものを除外している、ということでありがたいです。
          (文書として残っているから、鵜呑みして信用できるというものでもありませんが)、

           

           

          なんにせよ、とてもいい本です。


          横蹴りへの変革

          0

            https://www.youtube.com/watch?v=59WgfXSxlgY

             

            面白い映像を見つけました。

            さまざまなニ十四歩の映像ですが、特に興味深いのが33秒からの松濤館の二十四歩3連続。

             

            最初期のニ十四歩、初期のニ十四歩、中期のニ十四歩の順番で映っていますが、

            最初期の二十四歩が、膝を鋭角にただ高く上げるだけだったのに対し、

            初期の二十四歩では、膝を大きく開いたまま上げる形に変化して、中期のニ十四歩では完全に横蹴りになってしまっています。

             

            型の動作の意味が、わからなかったゆえのオーバーアクション、

            動作を誤解したゆえの技の変革が、これまた良くわかる動画です。

             

            このような誤伝は、松濤館に限った話ではなく、

            前蹴り横蹴り足刀蹴り踵蹴りをやっている全ての流派に当てはまることです。

             

            松濤館の前の動画の二十四歩は、前蹴りや踏み下ろしの足刀蹴りになってしまった流派です。

            これらの多彩な蹴りは誤解から生まれたものであって、もとはみんな同じ動作だったことでしょう。


            calendar
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << December 2017 >>
            PR
            プロフィール
            ■プロフィール 沖縄空手道無想会沖縄同好会 ■練習場所 沖縄県沖縄市および那覇市 ■連作先 musokai_okinawaken@yahoo.co.jp
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recommend
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM