<< ナイファンチ初段は居着く | main | ナイファンチこそ最速 >>

形の運足

0

    https://blogs.yahoo.co.jp/musokaikarate/13949326.html

    師範のブログにて、運足にについて書かれています。
    「運足が遅すぎる」「形を学ぶのではない、形から学ぶ」「開手の速さに、対応できる運足の速さを得られる形がない」
      
    等々、非常に興味深いです。

    「形を学ぶではなく、形から学ぶ。」
    ということに、自分は今までわかっていなかったかもしれません。
    形を学ぶと形の動作しかできないですが、形から心身操作の原理原則を学んだならば、それを組手に応用して自由自在に動けると。
    非常に納得できます。

    今まで、新垣師範の組手の動きと会員の組手の動きが別物だった原因はこれなのかもしれません。
    新垣師範のような運足が、会員は組手でできていなかったんですよね。
    形の中の運足というのは、全てが合理的で綺麗に水が流れるように、変な話正直に動きます。

    しかし、組手では右に進めようとした足を左に切り替えたり、又は止めたり加速したりと自分の好きなようには動けず、状況に応じて変化しなければいけない。

    やろうとした動きをしたキャンセルして、やろうとしていなかった動きをやる。
    この自由自在な動きは、形だけでは身に付かず、形以外で練習する他ないのでしょう。

    もし形そのままの運足で戦うならば、「ただ前へ歩いて斬るだけ」みたいなシンプルな闘い方になるのではないかと思います。
    (これはこれでいいのでは?と自分は思いますが)


     
    しかし形のみで運足が身に付かないことを、新垣師範は由としないんですね。
    それでは修行体系が真逆になってしまうと

    どう解決するんでしょう?




     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.08.19 Saturday
      • -
      • 11:21
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      PR
      プロフィール
      ■プロフィール 沖縄空手道無想会沖縄同好会 ■練習場所 沖縄県沖縄市および那覇市 ■連作先 musokai_okinawaken@yahoo.co.jp
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM