<< 一抹の哀しさ | main | 五十四歩について >>

The sorrow must go on.

0

    JUGEMテーマ:空手道

     

     

     

    前回のブログ記事にて、
    「仏に逢えば仏を殺し、祖に逢えば祖を殺し、羅漢に逢えば羅漢を殺し、父母に逢えば父母を殺し、親眷に逢えば親眷を殺して、始めて解脱を得ん」
    という禅の言葉を取り上げ、真理のためなら対象が何であろうとも””と書きました。

     

     

    自分にとって、これに例外はありません。

     

     

    たまに、ブログで真反対のことを書くのはそういう理由です。
    形の名前も「パッサイ」「ワンシュー」と従来通りの表記で書き続けるのも同じです。

     

     

    私は、仮説に対して、それが真実だ!間違いない!
    という風に言い切ることは絶対に有りません。

     

    大変興味深く、真実味のある仮説であれば、それを自らの指針にすることはあるかもしれませんが、
    それが事実かどうかというと、まるで別の話になってくると思います。
    空手界には数多くの仮説が存在しますが、仮説である限りそれら全てを平等の目で見ることにしています。

     

     

     

    とはいえ、このまま余りそういうことを書き続けていくのはどうかと思いますので、

    いずれこのブログの名前も書く内容も、期を見て変える予定です。

     

    .

    .

     

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.06.25 Tuesday
      • -
      • 19:50
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>
      PR
      プロフィール
      ■プロフィール 沖縄空手道無想会沖縄同好会 ■練習場所 沖縄県沖縄市および那覇市 ■連作先 musokai_okinawaken@yahoo.co.jp
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM