形の名称「大」及び「小」とは

0

    JUGEMテーマ:空手道

     

    パッサイの記事の続きを書こうと思っていましたが、
    FBで形の名称(「大」「小」)についてを少し書いてしまったので、先にこちらを書き留めておこうと思います。

     

     

     

    祖堅師のパッサイ、その他
    https://blogs.yahoo.co.jp/musokaikarate/14597146.html
    「雲は天才である」ように・・・、「パッサイ(八十一戦)の形」の解明
    https://blogs.yahoo.co.jp/musokaikarate/14605303.html?type=folderlist
    空手の形に、コンテキストは絶対ある!
    https://blogs.yahoo.co.jp/musokaikarate/14606401.html?type=folderlist

     

     

    上記の記事らにて、新垣師範は「パッサイを解明した!」と表明しました。
    祖堅の系統に伝わるパッサイ大を、松村が改良したものがパッサイ小だといいます。


    それを聞いたときに自分は、「え〜!。「小」と呼ばれるような形が松村の形だって〜!?」という感想を抱きました。
    しかし、同時に「成るほどなぁ。・・・それでかぁ」と腑に落ちもしたのです。

     


    なぜか?
    これは以前、自分がクーサンクーのことを調べていた時期に遡ります。
    (自分はマイブームとして、時たま妙に一つの形を集中して調べたくなる時

    があるのです。)

     

    空手には数は多くないものの、名前に「大」や「小」の文字が付けられている形が存在します。
    主に首里手系の流派にそれらの形が有るわけですが、自分は元々首里手出身ではないため、この「大・小」の意味が良くわかっていませんでした。

    良く考えもせず、文字から受けた印象だけで、「大は優れているもの、小は劣っているもの」又は「大は上級者向けの長いもの(原典)、小は初級者向けに簡略化されたもの」といったような感じだと思い込んでいたわけです。

     


    しかし、クーサンクーについて調べるにつれ、「アレ?、おかしいな・・・。本当に小とは大の劣化版なのだろうか?」、と思うようになりました。


    きっかけは、糸洲のクーサンクー大と小を見比べた時です。
    糸洲はクーサンクー大に対しても、開手を閉手にしたりと改変を行っていますが、小に至っては、完全に自分で作りなおしたといわれています。

     

    さて、当時の自分は、小は大の劣化版、簡略版という先入観を抱いたまま、糸洲のクーサンクーを見比べたわけです。
    しかし・・、いざ見てみると、全然「小」が簡略化されているようには見えません。


    動作は大きく変更されてはいますが、それが簡単・初心者向けになっているのかというとと、疑問を抱かざるを得ません。
    また、形が短くなっているわけでもありませんでした。
    削減されている動作はありましたが、逆に追加されている動作もあります。
    決して、初心者が覚えやすいよう短くした、とは言えません。

     

    また、「短くなってはいないが、劣化版である可能性はないのか?」、という考えもできはします。
    自分もその方向を疑いってはみました。しかし、その考えは理屈に合いません。


    糸洲は「小」の形を、当時の学校教育のカリキュラムである14の形の中にわざわざ入れています。
    平安のように、初心者向けに短くかつ簡単にした形を取り入れるというのは理解できます。

    初心者が導入しやすいようにするためですから。
    しかし、糸洲自身が、元の大の形より劣ると思っている形を、あえて後世に伝えようと思うものでしょうか。

     

     

    この「小は大の省略版でも劣化版でもない」という思いは、糸洲のパッサイ大・小を見ても変わらず、逆に強まりました。

     

     

     

    そこで、自分が出した答えが

     

    「『小』とは劣化版、簡易版という意味ではなく、先人に失礼のないよう礼儀として付けられたのではないか?。当時の慣習として、先人の形を改変した際は先人を立てるカタチで一歩引き、自らの形を「小」と呼んだのではないか?」

     

    というものです。

     


    しかし、何分大・小と呼ばれる形がある流派、サンプルが少なすぎました。
    一応探しはしましたが、他には2〜3流派しか見つかりませんでした。
    (その中でも、祝嶺のパッサイ大小などは、『小』が『大』より新しいことをはっきりと感じさせる内容ではありましたが・・)

     

    そのため、持論に確信を持つまでには至りませんでした。
    しかし、可能性の一つとして、頭の片隅には残っていたのです。

     

    なので自分は、新垣師範の「祖堅のパッサイ小は、松村がパッサイ大を改良したものだ。」という考えを、割とすんなり受け入れられたのです。

     

     

     

     


    パッサイにおける謎の動作

    0

      JUGEMテーマ:空手道

       

      新垣師範は、パッサイが解明できたと言います。

      https://blogs.yahoo.co.jp/musokaikarate/14619409.html

       

      新垣師範の出した解が、どのような物なのかはわかりませんが、

      個人的にもパッサイという形は、謎の動きが多い形だと思います。

       

       

      松林流パッサイ

      https://www.youtube.com/watch?v=8M2aKaRnH4o

      親泊のパッサイ

      https://www.youtube.com/watch?v=Y43H37qyUS8

       

      パッサイは数多く有りますが、多くのパッサイはその中身は大差ありません。

      なのでここでは、あくまで一般的なパッサイとして、松林流と親泊のパッサイを例に出します。

       

       

      さて、パッサイには、数多くのバリエーションのパッサイに共通する、解釈に悩む謎の動きがあります。

      まあ、ほぼ全ての動きが謎といってもいいのですが、長くなり過ぎないよう、

      序盤のいくつかの動きだけを抜き出してみます。

       

      ―蘰阿瞭虻遏嵜歩足を踏み出してからの、交差立ちでの両手添えて受け」

      第二の動作「真横を向き、クーサンクー初動のように両手を上げ広げる動き」

      B荵阿瞭虻遏崔翆福⊆蠅諒燭鮠紊妨けた上段貫手の連続」

       

      以上の3つ

      まず、,瞭虻遒任垢、なぜ受けを行うのに、数歩踏み出す必要があるのか?

      また、なぜ不安定な交差立ちで受けるのか?(まさか、前に踏み出した勢いを止めきれないからではないでしょう)

      そして何故受けただけで済まし、次の動作では相手のそっぽを向いてしまうのか?

      と言った疑問がわきます。

       

      △瞭虻遒蓮↓,瞭虻遒茲蠅皸嫂泙見えません。

      クーサンクーにも似たような動作が有りますが、形の途中でこの動作がなぜ出てきてしまうのか意味不明です。

      (後ろから組みつかれた時のはずし技との解釈もありますが、無茶を言い過ぎです。)

       

      の動作は、これまでの二つと違い、一見しただけでは意味不明な動作には見えません。

      全然謎などない只の貫手、単に相手の攻撃を受けて、または相手を抑えつけながら貫いているように見えます。

      しかし、自分としては、どうしてもこの動きが単なる貫手に思えないのです。

      そもそも、貫手と解釈して良いのだろうか?とも疑問に思っています。

       

       

       

       

       

      ・・・長くなりますので、続きは次の記事で書いていきます。

       

       

       

       


      現実はシンプルではない。

      0

        JUGEMテーマ:空手道


        今回のブログ記事の文章は、自分自信の力学に対する知識が皆無なため、

        わかりずらいゆえに間違っている可能性も多分にありますが、お許し下さい。

         

         

        https://twitter.com/donttrythis/status/823257178727321600
        https://9gag.com/gag/aDxpPN7

        さて、新垣師範のブログに掲載された、上記の動画で実験、検証している物理法則。

        https://ameblo.jp/hamikara/entry-12411087191.html
        これははみ唐さんのブログによると、最速降下曲線(サイクロイド曲線)と呼ばれるものだとのこと。
        自分はこの実験を見て、最速の突きが螺旋を描く理由を理解することができました。

         


        いやいやしかし、位置エネルギーは同じなのに、落下するスピードが変わる。
        力学って面白いですね。

         

        この動画で使われている実験器具は、素人目にもはっきりと目に見えて法則が理解できる代物となっています。

         

        ゆえに、まあ、この最速降下曲線の実験に限ったことではないのですが、

        物理の法則を説明する実験器具と言うのは、当然ながら検証したい法則が際立つように作られています。


        実験によって検証されているんですから、この法則は正しいわけです。
        だからこそ、ヒトはこのような実験を見ると、「そうか、俺の身体はこの実験の動きそのままに動くんだな!」と思いがちです。
        しかし、実際はそうではありません。

         


        実際の人の動きは、上記のモデルよりずっと複雑です。
        シンプルな実験器具とは違い、複雑に力が絡み合い、また、人体は自在に変形するからです。

         

        単純化、シンプルに作られた実験器具通りの動きを、
        そのまんま自分の体で再現しようとしてしまうと、結果として自分自身の可能性を閉じることになります。

         

        こういった物理法則を理解することは、武術としての身体操作への理解を深めることに繋がりますが、

        現実は単純ではないことを、肝に銘じておく必要があると思います。

         


        最速の突きは、螺旋を描きますが、最速降下曲線の実験器具では、ボールは螺旋を描いたりなどしていませんね?
        現実は単純ではなく、複雑だからです。

         

        ナイファンチを行う者が、垂直(真下)ではなく、重心に向かって落下するのも同じことだと思っています。

         

         


        新陰流「神妙剣」

        0

          昨日のことですが、柳生新陰流でいう「神妙剣」というものがわかりました。

          (わかった気がするだけかもしれませんが・・)

           

          以前から気になってはいました、神妙剣。
          新陰流の極意とも言われていて、数々の伝書の中でも、執拗に解説がなされていて、何とか後世に伝えたいという熱意が伝わってきます。
          また、新陰流、最後の形に神妙剣の名前が付けられていることからも、その重要性が伺えます。

           

          しかし、これが伝書を読んでもイマイチ神妙剣がなんなのか伝わってきません。
          パッと読んだ印象では、「手字手裏見」のような形而下での技術等ではなく、「西江水」のような形而上、観念的なものであるように伺えます。

          この神妙剣、あまりにもあやふやで雲を使むような解説のため、これはあえて他流に極意が漏れることをおそれて煙に巻くような書き方をしているのでは?などとも考えました。

           

           


          しかし、それらは間違いである!と昨日わかりました。
          神妙剣がわかることによって、伝書の中で、何故ああも言葉を変え、色々な表現で説明しないといけなかったのかも理解できました。、

          「神妙剣」は、「西江水」のような形而上の概念、言葉遊びのようなもので有りません。
          形而下の、実に存在するものです。
          もちろん、単純な太刀の用法などでもなく、普遍的なモノです。


          (もっと、これら全て、自分の盛大な勘違いかもしれませんが!)


          垂直落下?重心落下?

          0

            これは、自分自身の中でもまだはっきりと結論がついてはいないのですが、

            どこに落ちるのが正解なのか?という疑問があります。

             

             

            無想会の各会員のブログを参考にしてみると、はみ唐さんは、「垂直落下」という表現を使っています。

            https://ameblo.jp/hamikara/entry-12405986305.html

            https://ameblo.jp/hamikara/entry-12406459158.html

             

            一方、大阪同好会の副代表氏は、「重心落下」すると言っています。

            https://plaza.rakuten.co.jp/musokaikarate/diary/201809150001/

             

             

            垂直に落ちるべきなのか?重心に向かって落ちるべきなのか?

            似ているようで、全くの別物です。

             

            まだ自分の中で完全に言語化されていないので、表現が上手くできませんが、

            自分自身の身体感覚としては、「垂直落下」ではなく「重心落下」の方が近いです。

            ただ、無学ゆえに、今体感的に感じている「重心」とやらが、物理学的に正しい表現なのか自身が持てません。

            (おそらくは、アレだろう。といった当たりはありますが。)

             

            かといって、はみ唐さんがダメな感覚だと言う「スロープを滑り降りるような突き」ではありません。

            スロープを滑り落ちる物体は、徐々に加速していきますが、そうではなく、

            最初からMAXのスピードで、相手と自分で作る正中線を一瞬でシュッパッと駆け抜けるような突きです。

             

             

            この突きは、以前ブログに書いた「ガマクに乗る」の延長線にあるものだと思っています。

            http://hamar-k.jugem.jp/?eid=417

             


            calendar
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << November 2018 >>
            PR
            プロフィール
            ■プロフィール 沖縄空手道無想会沖縄同好会 ■練習場所 沖縄県沖縄市および那覇市 ■連作先 musokai_okinawaken@yahoo.co.jp
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recommend
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM